注目キーワード
  1. 間取り
  2. 動線
  3. 太陽光発電
Ponta&Pomkoです パブリック/プライベートゾーンを区分けし、家事動線を意識した家を建てました。設計通り快適に生活できています(^^)

【やってみた】ダクトレールにAmazon Echoを付けてみた

我が家のリビングには、ダーツボード照明用にダクトレールを設置しています。
ここに、Amazon Echoを付けてみました。

Amazon Echoとは?

声を掛けると反応して音楽を掛けたり家電を操作したりできる、いわゆるスマートスピーカーのことです。

最もサイズの小さい「Echo Dot」というやつを使います。

我が家のは第2世代なので古いですが、形状はほぼ上記と同じです。

こんな感じです

設置されたAmazon Echoの写真がコチラ↓↓

小さいのでインテリア的に邪魔はしてないと思います。

どんな時に使うのか

現状、我が家での用途は下記です。本当は他にも沢山使い道があります。

  • 天気予報を聞く
  • 音楽を掛ける

くらいかな。。汗

特に後者の音楽は便利です。
CDコンポもあるので、いい音でじっくり聞きたい時はそっちを使います。

ただ、コンポの電源を入れたり操作したりが面倒。。
手軽に音楽を掛けたい時に、声を掛けるだけで曲を流してくれるからラク♪

最近、娘が童謡に合わせて踊ってくれるので、Echo Dotで音楽を流して踊ってもらってます♪

ちなみに、音質はそんなによくないですよ。
ただ、頭の上から音楽が流れてくるのはちょっと新鮮でした(^^)

Echo Dot以外に必要なもの

ダクトレールが付いてる前提ですが、

ダクトレール⇒コンセント変換

ダクトレールに取り付けて、コンセントに変換する機器です。
下向きになるので、抜け防止仕様の方が安全です。

created by Rinker
東芝ライテック(Toshiba Lightech)
¥655 (2020/10/29 03:40:08時点 Amazon調べ-詳細)

Amazon Echo固定ホルダー

Echo Dot本体と本体付属のコンセントをこのホルダーに固定します。

Echo Dotの種類(世代)によってホルダーも変わります。

で、全部付けると先ほどの写真のようになるわけです。

Echo Dot本体のボタンを押す時は不便

そりゃそうですよね。。
天井に本体があるわけなので。

音量も声を掛けて調整できるし、ほぼ触ることはないのですが、WiFiやBluetoothがうまく繋がらない時は踏み台を持ってきて触ります。

そこまでコスト掛からないのでとりあえず設置、もアリと思う

Echo Dot本体は時々Amazonのタイムセールで安くなるし、他の機器も高額ではないので、もしダクトレールがあれば設置しといても良いのかなと思います。

天井から音楽が流れると、音を遮るものがないので聞きやすいです。

NO IMAGE